読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人について

ゲームの無い人生など ローストビーフの無い は○寿司みたいなもんだ

【むせる・・・】8分間だけキリコになれるかもしれない、VR-ATシミュレータ「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」が遂に登場

Game VR

遂にきてしまったのだ、スコープドッグを体感できる日が、、!!

VRが盛り上がってきているから、時間の問題だとは思っていたが、まさかこんなに早く来るとは、、!!

f:id:bonj1n:20160707184153j:plain

<-- more -->

スコープドッグだけどVRだからむせない(たぶん)

でも、、お高いんでしょう?

装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎は,プレイヤーがスコープドッグに乗り込み,隣の相手と1対1のロボットバトルを楽しめるアクティビティだ。VRゴーグルと,コックピットの挙動を再現する体感マシンを組み合わせたもので,体験料は651バナコイン(700円),所要時間は約8分となっている。

うん、微妙に高い

ただのVRってだけではなくて、体感マシンに乗るってとこがミソ。VR映像を作るだけなら有志によってもできなくは無いだろうが、筐体まで再現するのは難しそうだ。いや、そんなことはない、、のか?ファンは時としてオーバーテクノロジーを見せつけてくるから、、

ところでリアル・スコープドッグといえば「クラタス」が有名であると思う。

これにVRが組み合わせれば凄いことになるんじゃないか、と思ったけど別に筐体部分が歩行する意味はないのか。VR内の映像が3Dなんだから、、

でもたとえばクラタスで歩行中に敵機がバーチャルで表示されたりすると面白そう。バーチャル内なら思いっきり破壊できるし。

※ただしクラタスの得意技は「デコピン」

あっ、操縦しないといけないからVRコントローラ使えねえや!

そしたら脳波コントロールしかねえな!

現世では難しそうだな、、

広告を非表示にする