読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人について

ゲームの無い人生など ローストビーフの無い は○寿司みたいなもんだ

凄い(らしい)VR体験ができるナムコ「VR ZONE」

巷ではVRが話題中の話題。もはや今年のトレンドといっていい。

ところが体験できる施設がまだまだ少ないのも事実。

そんな中、ニャムコがVR施設をオープンするという記事があったので紹介する。

(ファミスタやりてーな)

f:id:bonj1n:20160411221651j:plain

様々なコンテンツが体験できる最新のVR施設

「VR ZONE Project i Can(以下、『VR ZONE』)」は、ゲームセンターやテーマパーク運営事業を展開するナムコが、4月15日から約半年間の期間限定でオープンするVRエンターテインメント施設。コンテンツの開発は、いちはやくVRゲームの研究開発を手がけてきたバンダイナムコエンターテインメントが担当。

半年間という期間限定ながら、バンダイナムコがプロデュースするとのこと。

体験できるコンテンツは、

高所恐怖症の人は絶対無理な「高所恐怖SHOW」

「VRだから落ることはない」と自分をごまかしながら1歩を踏み出して、後悔を覚えた。冗談じゃない、これは怖すぎる。「落ちたら死ぬ!」と、脳が危険信号を発しまくりだ。

ああ、カイジだな。カイジだこれ!

前にVRを体験する人の動画で、確かジェットコースターのVRだったかと思うんだけど、連れの人が横からドンッ!て押したら あわわわわわ!!ってなってた動画があった。

っていうかこれ。

視覚と聴覚が支配されているから、現実と区別がつかないようで、、

こんなん絶対ショック死する。VR障害保険とか作ってくれ。

ビックリフラッシュのVR版とか出た日にはもう、、

逆にこの怖さを克服できれば現実世界においてもプラスに転じたりするのかな。つまりVRがリハビリというか、トラウマ解消用に使えたりするのだろうか。

もうやめて 「脱出病棟Ω(オメガ)」

「脱出病棟」の名のとおり、ロケーションは呪われた廃病院。薄暗く、古び、各所に血だまりや臓物や死体が散乱するグロテスクな病棟の中を、ハラハラドキドキしながら進んでいく。

筐体が座席型で、ボイスチャットを使いながら4人で進めていくとのこと。

隣の方の絶叫が何より怖そう、、

これももれなく死ぬ。間違いなく死ぬ。

リアルなグロさはほんとにダメ、心霊はまだ大丈夫とか思ってたけど、

これダブルコンボだもの、、

絶対施設内でお漏らしする奴出てくるから。

前にもいったけどオムツプレイ流行るから。絶対。

まだまだいっぱいあるらしい

まだまだ、体験できるコンテンツはあるようだ。

また、脱出病棟も、この記事に書かれている以上に怖くなるそうだ。

今できあがっているコンテンツすら進化していくということだ。

恐ろしい、恐ろしい時代がやってきた。

もちろんロボットを操作するような楽しいコンテンツもあるようなので、是非リンク記事を参考のうえ、足を運んでみて欲しい。

とりあえずプレイしている人の反応を見て、やるかやらないかを決めたい。ビビっているわけではなく。決して無く。決して。

広告を非表示にする