読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人について

ゲームの無い人生など ローストビーフの無い は○寿司みたいなもんだ

「新宿ダンジョン」作者の新作「沖縄からの脱出」

f:id:bonj1n:20160325223731j:plain

新宿ダンジョンとは新宿駅のダンジョンである(そのまま)

新宿ダンジョンとは、リリース当時の一世を風靡したダンジョン型の脱出ゲーム。

新宿駅をダンジョンに模して、ひたすら歩き回る、ひたすら鍵や仕掛けを探し回る、単純なゲームではあるが、

あの頃は寝る間も惜しんで(1日くらい)必死でプレイしたものだ。

広すぎて複雑で目的に辿りつけない

とにかくマップが広い。広すぎる。

あと土地勘が全くないので、あれって○○線にあったよな〜とか覚えてても辿りつけない。

辿り着いたと思ったら違う線とか、、

そこらへんはまさしく新宿駅そのものであった。

ちなみに嫁はすぐ詰んで放置してた。俺よりたくさん新宿駅に行ってるはずなのに、、

Flash 脱出ゲーム で検索し続けた日々

ところで昔Flashゲームが流行った頃(たしかYouTubeもなかった頃)、やたらと脱出ゲームが流行っていた。

クリムゾンルーム、グリーンルーム、等など

中には全く脱出できないものもあって、今もう一度チャレンジしてみたいのだけど、名前すら覚えてないんだよなあ。

どこかのFlash倉庫にまとめられていたのだと思うけど、

倉庫サイトすら乱立してたしなあ、覚えてないなあ

あれって何で流行ったんだろう。

システムで言えばファミコンの「悪魔の招待状」に近いと思うのだけど、

悪魔の招待状なんて正直大人になるまで知らなかったし

パソコンを使ってできるということと、そのままネットで凄まじい速さで拡散されていっただけだろうか。

面白いものを即座に共有できる、というのはネットの良い側面ではある。(ネタバレも光の速さになったけど)

沖縄行きたい

さて、沖縄からの脱出では、実写が使用されているとのことだ。

美しい景色に癒やされることもできる、脱出を楽しむこともできる、一石二鳥のゲームとなっている。

かくいう私は沖縄フリークであって(1回しか行ったことない)、今年失踪してでもまた行こうと思っている。

あ、ゲームで我慢しろって?

ほんとにそうなりそうなのが社会人の恐ろしいところよ、、

広告を非表示にする