凡人について

ゲームの無い人生など ローストビーフの無い は○寿司みたいなもんだ

【Fallout4】【プレイ日記】【17 日目】ケンブリッジ・ポリマー研究所で職業体験? 〜ウェイストランドのキッザニア〜


f:id:bonj1n:20160125190247j:image
※光るあいつもいるよ!!

キッズじゃなくておっさんだが

前回フラターナルポスト115などという悪魔の巣窟におじゃまっぷしてしまったので、

今回やっとポリマー研究所へおジャ魔女どれみすることにした。

おジャ魔女どれみドッカ?ン! ファインクオリティフィギュア 瀬川おんぷ


f:id:bonj1n:20160125190342j:image


f:id:bonj1n:20160125190426j:image

よくわからんのだが、エンジニア的なポジションを募集しているようだ。


f:id:bonj1n:20160125190535j:image

あるわけないのだが、あると答える。

適当に答えていくと、


f:id:bonj1n:20160125190706j:image

ラボ助手に任命される。

カリスマが高ければもっと上のポジションになれるはず。

で、プレゼンが始まるのだが長いので割愛する。


f:id:bonj1n:20160125190835j:image

ついていくと、クリーンルームに入室するよう勧められる。

怪しすぎる


f:id:bonj1n:20160125191055j:image

クリーンルームを出ると、出口をロックされてしまう。

何かの調査が完了しなければ出られないようだ、、


f:id:bonj1n:20160125191251j:image

前にいた者達も、ロックされて出られなくなってしまったようだ。

さて、仕方がないので奥にすすむのだが、ここはフェラルグールのすみかであるようだ。


f:id:bonj1n:20160125191435j:image

スーパーミュータント程怖くもないが、地味に放射線を浴びせてくるので嫌だ、、

奥の部屋に


f:id:bonj1n:20160125191808j:image

何かを合成する装置がある。のだが、、


f:id:bonj1n:20160125191852j:image


f:id:bonj1n:20160125191852j:image


f:id:bonj1n:20160125191930j:image

どれを組み合わせても何も起きない。組み合わせるものが違うのと、アイソトープが足りないようだ。

更に更に奥の部屋にすすむと


f:id:bonj1n:20160125192122j:image

防護スーツがあった。さらに


f:id:bonj1n:20160125192158j:image

セキュリティコントロールがあった。これをオフにすることで、放射線でいっぱいの危険な部屋に入ることができる。

防護スーツを忘れずに装着し、いざ入室した。のだが

f:id:bonj1n:20160125192419j:image

(伝説じゃない)光し者がいる!

明らかに訪れる順番を間違えている気がする、、

こいつはとにかく硬い、ダメージが通らない、、

仕方がないので


f:id:bonj1n:20160125192635j:image

火炙りにし、


f:id:bonj1n:20160125192702j:image

さらに火炙りにする

あまりダメージは与えられていないのだが、するとなんということでしょう


f:id:bonj1n:20160125192825j:image

手足がもげた!

そのまま撃ち続けることで、、

f:id:bonj1n:20160125192857j:image

やっと倒すことに成功した。※何回か殺された


f:id:bonj1n:20160125193019j:image



アイソトープを入手。これを持って


f:id:bonj1n:20160125193057j:image

合成を試す、、のだが、組み合わせが違うようだ。

しかしもうほぼすべての部屋にはまわった。

入れていないのは


f:id:bonj1n:20160125193234j:image

スキル不足によりハッキングできなかったこのターミナルが守る部屋だけだ。

恐らく、この中に別のサンプルがあるのだろう。

もうこれ以上進むことはできない。

入り口に戻ると、セキュリティを解除した影響か、クリーンルームを入ったところのドアが開放されていた。

うむう、消化不良のまま終わるしかないのか


f:id:bonj1n:20160125193515j:image

当然、クリアになっていない。また来るしかない、、

ここまで。

次回、伝説のあの人に復讐するかもしれない、、
広告を非表示にする